スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキー


ここ数年、バレンタインにはガトーショコラを焼くことにしています。
いつもは焼きっぱなしなのですが、今年は紛糖で少しおめかし。


ichimatuhana.jpg
使い道に困る模様を彫ってしまいました。
しかも、ちょっとずれてる・・・


doiri2.jpg
ドイリー第二段。
彫っていて何気に楽しいです。
下のほうにはライン用のはんこも作ってみました。
うまくライン状に捺すのが難しい!!


昨日はスキーに行ってきました。

とぉさんと長女はスキー、私と次女は雪遊び。

初スキーの長女は 何度も何度も転びながら 練習に励みました。

リフトにどうしても乗りたいと言うので ソリを持って搭乗。

4本ほど 上のほうからソリで滑ってきました。

次女は ソリは余り好きではないようで 雪を掘ったり 走り回ったりして楽しんでいました。

そして、時々 私の目を盗んでは 雪を食べていました。

やっぱり 食いしん坊・・・
スポンサーサイト

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

レンタルボックス



今日は お借りしているレンタルボックスへ ちょっとはましにディスプレイをしに行ってきました。

当初から なんとかせねば・・・と思いつつも 次女を連れて行くには納品が精一杯で手が回らずにいた

ディスプレイ。

妹が一緒に出品することになり、いろいろとアイデアを出してくれました。

以前は平置きだったので ずいぶん見辛かったし 商品も平べったいものばかりだったので 

箱の上部がガラガラで 思いっきりデッドスペースという感じだったのですが そういう諸々が解消されました。

手にとって見ていただけると 嬉しいのですが・・・




テーマ : 消しゴムはんこ
ジャンル : 趣味・実用

自慢の友だち


妹の新しいレース編みです。羽が付いた帽子型のヘアピンです。

昨日は 長女と共に すっごく楽しみにしていた 私の同級生が 年中さんのお嬢さんと遊びに来てくれました。
彼女とは 高校生の時に出会いました。
友だちの友だち という出会いでした。
たまたま同じテニス部に所属し、毎日のように誰がカッコいいだの、好きな人と廊下ですれ違っただの、キャアキャアと騒ぎあった仲です。
合宿では 隣の布団で いつまでもいつまでもコソコソ話していた仲です。
(勿論 テニスにも励みましたよ)

現在は 住まいも遠く、お互いに子どもがいるので なかなか会うことができませんが、会うたびにいつも
私は彼女を人に自慢したくなってしまうのです。
「私 この人と友だちなのーーーー」

実はちょっと落ち込むことがあったのですが、昨日久しぶりに会うことができて すっかり元気になることが出来ました。
自慢したくなる友だちがいるなんて とってもラッキーで素敵なことだと思いました。

テーマ : ハンドメイド作品や購入布について
ジャンル : 趣味・実用

ほろ酔い(独り)反省会



0207.jpg
画像 上 : 今回は双子ちゃんです。もうすぐバレンタインなので、キューピッドを彫ってみました。みなさんの愛が届きますように。
画像 下 : 次回 納品予定のものです。



消しゴムはんこを彫り始めて 一年半ほどになった。

彫るのも好きだけれど、彫っている人のサイトやブログを覗くのも好きだ。

消しゴムはんこで 色々と手を広げたくて アチコチ覗いているのだけれど、覗くたびに大きく後悔・・・

まずは 彫らなくちゃ。

いっぱい彫らなくちゃ・・・

テーマ : 消しゴムはんこ
ジャンル : 趣味・実用

三歩も歩けず・・・


妹がレース編みをやっていて、コサージュがたくさん出来たので一緒にレンタルボックスに置くことにしました。
洋服には勿論 帽子やバッグに留めても可愛い!!


doiri.jpg
憧れのドイリー彫りました。なかなか図案化が難しくて手が出せずにいたのですが やっと出来ました。彫るのは大変ですが 腕を磨くには最適なモチーフかも。

有名などなたかの有名な詩に ふざけて母親を背負ったら その軽さに涙が出たというのを国語の授業でやったような記憶がある。
あの時は 私もまだまだピチピチしていたし 親もまた若かった。
だからきっと 余りピンとこなかったのかもしれない。

春から中学生になる孫がいる両親。
一般的に言えば 相当な おじいちゃんとおばあちゃん なのだと思う。
でも、四十になっても 五十になっても 両親からすれば 私は子どもであるのと同じように、ずっと前から両親は 「おとうさん」と「おかあさん」だし、明日も明後日も それは変わらない。
そのせいか 両親の年齢には疎いようだ。

ある日 妹が 「にんにくこしょう」 なるものを手にいれ おすそ分けにと小さな保存容器に入れてくれた。
その保存容器は本当に小さいし ふたを開けるときに いかにも 「ばーーーーーん」と こしょうを ぶちまけてしまいそうだった。
早速 使おうとした父。
お約束のごとく ぶちまけた!!
と、そこまでは よくある話。

手に持っていた 器が少し斜めになっており 口元からサラサラと難を免れたこしょうがこぼれ落ちる。
私なら、そして かつての父なら、あっ と思ったら さっと 器を平らにするであろう。
その機敏な対処ができず、こしょうは だいぶ 減ってしまった。

背負った母 だなぁ・・・
教科書の意味が 少し身に染みた。

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

消しゴムはんこライブラリー

消しゴムはんこライブラリー

リンク

リンクしてくださるかた 大歓迎です。どうぞよろしく

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキングに参加中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。